すっぽん小町 妊娠

すっぽん小町は妊娠中のママにとても人気があります。なぜすっぽん小町は妊娠中のママに好まれるのでしょうか?
MENU

妊娠中にすっぽん小町をのんでいる人が多いのはなぜ???

すっぽん小町

 

すっぽん小町といえばコラーゲンのサプリメントというイメージが強いのですが、以外にも妊婦さんでのんでいる方もたくさんいらっしゃるのをご存知ですか?

 

妊娠中にのんでいいのか心配にもなりますが、何でのんでいるのかも気になります。

 

その不安と興味を解決したくて調べてみました。

 

妊娠中にサプリメント!?

妊娠中はとにかく食事をバランスよく食べて、胎児に必要な栄養素をとらなきゃいけない!と思って頑張っていらっしゃる方も多い、と思います。

 

病院の先生の指導がそうなのですから、そう考えるのは当然ですよね。

 

でも、実際はつわりや子育て、仕事などで胎児のために食事に気を使える時間なんてそんなにないのが現実。

 

その現実がストレスになっている妊婦さんも大勢いらっしゃいます。

 

そんななか,すっぽんを丸ごとつめただけのすっぽん小町が「すっぽんを丸ごと食べているのと同じことだから」という感覚で、妊婦さんから結構安心してのんでもらえているのです。

 

確かに、すっぽんを丸ごととるだけの方が、合成された栄養素が入っているサプリメントよりずっと安心感はありますね。

 

すっぽん小町の原料のスッポンは、抗生剤やホルモン剤などを一切使用しないでふ化させ、人間が口にして安全なものをえさとして与え、水の浄化にもEM菌などの微生物を使う気の配りようで育てられた佐賀のはがくれスッポン」。

 

すっぽん自体、とっても安心、安全なすっぽんをつかっているので原料としては妊婦さんが口にしても問題はなさそうです。

 

妊娠中にサプリメントをとるのは、万が一赤ちゃんに何か悪い影響がでたら、と思うとどうしても不安な方は、やれる範囲で食事をバランスよくとるよう心掛けることをおすすめします。

 

妊娠中に必要な栄養素:タンパク質

妊娠中に必要な栄養素として、「上質のたんぱく質」をとることはとても大事と言われています。

 

妊婦の元気の源だけでなく、胎児の成長に必要なアミノ酸を補う源でもあるからです。「上質のたんぱく質」というのは、必須アミノ酸が多く含まれる食品のことをさすそうです。

 

必須アミノ酸は体の中ではつくれないので、必ず食事などで補ってあげることが必要なアミノ酸です。動物性の蛋白質は大半が上質な蛋白質だそうです。

 

でも、妊婦さんに必要な蛋白質を食品でとろうとすると、卵なら1日8個、赤味の牛肉なら11枚、納豆だと16パック必要になります。

 

食事で補うには、カロリーオーバーも心配になりそうです。スッポン小町には上質な蛋白質どころかこの必須アミノ酸がすべて豊富に含まれています。

 

食事の内容によって、すっぽん小町1〜2粒で足りないアミノ酸を補うのは、妊婦さんにとっていいかもと思えてきますね。

 

胎児の発育に大切な栄養素:DHA・EPA

青魚の油に多くふくまれているDHA、EPA。

 

胎盤を通って胎児に届けられるあぶらで、妊妊娠中これらの油をとっていると、胎児の脳神経の発達によい影響を与えるという研究報告があるそうです。

 

また、早産に関しても報告があり、DHAを多く摂取していた妊婦さんのグループはDHAを摂取していなかった妊婦さんに比べて早産率が低かった、というアメリカの報告もあるそうです。

 

この油は、体内で作ることができないので、外から取り入れる必要があります。

 

ただ、魚に含まれる水銀をとり過ぎてはいけない、という厚労省からの注意があるため、お魚も種類や量を考えて食べていく必要があります。

 

すっぽん小町には、「EPA含有精製魚油」という成分表示がされたこの油が入っているので、水銀のことは気にせずに、DHA・EPAを補っていくことができます。

 

胎児にもママにも必要で大切な油ですね。

 

妊娠中に不足しやすいミネラル:鉄

妊娠中に一番不足してしまうのがこの鉄分。私も妊娠中は貧血、と言われ鉄剤が産婦人科よりだされました。

 

できることなら食事で補いたいのですが、鉄はどうしても不足してしまう妊婦さんが多いです。

 

すっぽん小町には、鉄の宝庫といわれるプルーンのなんと73倍もの鉄が含まれているのはご存知でしたか?私はこの鉄分の多さにびっくりしました。

 

「鉄剤のむより、すっぽん小町のむほうがずっとよかったのになー」なんて今更なのですが思っちゃいました。

 

レバーも貧血の人にはおすすめされますが、妊娠中に食欲が落ちてしまっていて、元々レバーが苦手な妊婦さんには食べるのは辛いかもしれませんね。

 

そういう方は、すっぽん小町で補ってあげるのは有効な方法ですね。

 

妊娠中に不足しやすいミネラル:亜鉛

「亜鉛」ってあまりなじみがなくてよくわからなかったのですが、不足すると胎児の奇形や発育不良の原因になることもあるらしく、妊娠中には欠かせないミネラルだそうです。

 

100g中に亜鉛が含まれている食品第1位のかきにはおよびませんが、第2位の豚レバーよりは多く含まれています。恐るべしすっぽん小町ですね。

 

妊婦さんに不足しやすいミネラル:カルシウム、マグネシウム

胎児の骨の成長に欠かせないカルシウムですが、カルシウムがしっかり体つくりに利用されるには、マグネシウムも必要です。

 

すっぽん小町には、カルシウムもマグネシウムもどちらも含まれています。

 

スッポン小町では取れない大事な栄養素:葉酸

妊娠初期に必要でとっても大事な栄養素に「葉酸」があります。

 

葉酸の摂取については、厚労省から妊娠を希望する女性に対して通常量に加えて1日400μg多めに摂取するようお達しがでているくらい、妊娠初期の胎児の発育に、とっても大事な栄養素なのです。

 

残念ながらこの葉酸は、すっぽん小町には含まれていません。葉酸は妊娠初期だけに特に不足しない必要がある栄養素です。

 

妊娠初期だけは葉酸も摂っておきたい!という方には、すっぽん小町と葉酸の併用は特に問題ないそうです。

 

一番お得な購入方法!!

最後にすっぽん小町にはお得な購入方法がありますので、お伝えしておきます!!すっぽん小町って、お店には売ってないそうです。

 

通販のみで、しかも、販売もとのていねい通販さんか、アマゾンさん、楽天さんでしか購入できないそうです。

 

簡単にまとめてみました。

 

通販サイト名 1袋当たりの値段 送料
アマゾン 2,880円 無料
楽天 2,689円 送料かかる
公式サイト 初回のみ3,024円

2袋2か月毎2,570円

無料

 

アマゾン、楽天さんよりていねい通販さんから買った方が結局は安く買えることがわかりました。

 

更に、公式サイトからの購入ですと、30日間の返品保証もついていました。

 

これなら、試してみて万が一、体に合わないときでも安心ですね。公式サイトからの購入がお得、安心です!!

 

まとめ

  • すっぽん小町は「すっぽんを丸ごと食べているのと同じ」、という考え方をしてのんでいる妊婦さんが結構いらっしゃる。

 

  • すっぽん小町の原料のすっぽんは、抗生剤やホルモン剤を使用しないで孵化、エサヤ水にも安全なものを使用して育てられた高級すっぽん

 

  • すっぽん小町には、妊娠中に不足しやすい栄養素、ミネラルが何種類も含まれている。

 

  • すっぽん小町には含まれていない栄養素「葉酸」 妊娠初期に特に必要なビタミンBの1種。葉酸のサプリメントとの併用は特に心配はいらない。

 

すっぽん小町なら妊娠中でも、サプリメントをとることの心配より、不足しない安心感を持ちながらのめますね!!

 

妊娠初期から出産、授乳中でも安心してのめるすっぽん小町は妊婦さんの強い味方といえるサプリメントです。

 

>>すっぽん小町【15%オフ】お試し<<

 

 

すっぽん小町の参考記事

このページの先頭へ